【育児・家事の両立がしんどい】ワーママが仕事を辞めたい時に見極めるポイントを簡単解説

ワーママ仕事辞めたい

  • 仕事と育児に追われてどちらも中途半端になっている…
  • 仕事を辞めて育児に専念したいけど収入が不安…

育児や家事との両立で仕事を辞めたいと思っていませんか?

の記事はこんな方におすすめ
  • 家族との時間を大切にしたい
  • 今の会社を辞めるべきか続けるべきか迷っている。
  • 働くのは好きだけど今の会社には不満がある
  • 退職後の未来が想像できない

この記事を読めばワーキングマザー(ワーママ)を続けるか、それとも退職して育児に専念するのかを悩まなくなります。

この記事でわかること
  • 仕事を辞める4つのメリット・3つのデメリット
  • 辞めるべき会社の4つのポイントと、辞めない方が良い会社の2つのポイント
  • 退職した後の自分がイメージできるようになる

忙しすぎて退職まで行動できない方には、退職代行もおすすめです。

会社との交渉や退職の手続きなどを行ってくれるため、余計な時間を取られずに済みます。

退職代行を始めて聞いた人はぜひ「退職代行の解説」「運営会社別で見る退職代行の選び方」の記事も見てみてください。

 

すぐに退職代行に頼みたい!」という方は退職代行ガーディアンがおすすめです。

 

労働組合が運営しているサービスで、費用は一律29,800円。

翌日から出社不要・過去に退職できなかった事例無しと、確実さと速さのバランスが良いサービスです!

ワーママが仕事を辞めるメリットとデメリット

仕事を辞めることは、簡単なことではありません。

メリットとデメリットを理解しておくと今辞めるべきかの参考にもなります。

  • メリット:現在の環境に関係する内容が多い
  • デメリット:未来のライフスタイルに影響する内容が多い

上記のように現在辞める必要があるかに絞って考えてみましょう。

下記で解説します。

仕事を辞めるメリット

仕事を辞めるメリット
  • 家事や育児の負担が減る
  • 家族ともっと向き合うことができる
  • 心に余裕ができる
  • 自分の時間ができる

仕事の時間がなくなることで、さまざまな部分に余裕ができます。

仕事をしている間はあたりまえになっている事も、仕事を辞めることで無理していたと感じる人も多いです。

もし、現在負担や不安が大きい場合は仕事を辞めたほうがメリットが多くなります。

たいへー
たいへー

家族との時間を大切にしたい人こそ、一度考えてみてな!

仕事を辞めるデメリット

仕事を辞めるデメリット
  • 生きがいが無くなる
  • 収入が減る
  • 正社員として復帰しにくい

仕事を辞めることで今と同じ生活が難しくなります。

「今の仕事が好き」「本当は仕事を続けたいけど辞めなくてはいけない」と思っている場合は、無理に辞める必要はありません。

  • 家計の見直し
  • 家事や育児の分担

など家族で助け合う方法を考えるのがおすすめです。

 

なお、収入面は仕事を続けたとしても、安定しない可能性もあります。

副業や短時間勤務など仕事を変えることで解決できる場合もあるので、まずは必要な収入を把握することから始めましょう。

たいへー
たいへー

今に満足している場合は、無理に仕事を辞めなくても大丈夫!

辞めるべきか悩んだ時にチェックするポイント

退職したほうがよい会社の4つの特徴

以下の会社に当てはまる方は退職を検討してみてください。

退職したほうがいい会社の特徴
  • ブラック企業
  • 貰えるはずの退職金やボーナス、有休消化が貰えない
  • 過去に退職者や転職者とトラブルがある
  • そもそも交渉自体に取り合ってもらえない

ブラック企業やサービス残業などがある会社は退職を検討するのがおすすめです。

なぜなら、そのような会社は法律を守れていない場合が多いからです。

法律を守れていない会社は行政から指導や処分を受け、最悪の場合は送検されます。

送検された事例については労働基準関係法令違反に係る公表事案で見ることができます。

あなたの会社が上記公表事案に載ってしまうと会社の評判や利益も下がり、リストラされるリスクが上がります

そうならないためにも退職をおすすめします。

 

退職について考える暇がない方や、退職時の交渉に取り合ってもらえない方、退職金やボーナスが貰えないと言われた方には退職代行がおすすめです。

退職代行は面倒な手続きや会社との交渉などのすべてを代わりに行ってくれます。

たいへー
たいへー

ブラック企業勤めの人にこそ退職代行はオススメやで

とにかくおすすめの退職代行が知りたい!」という方は退職代行ガーディアンをおすすめします。

労働組合が運営しているサービスで費用は一律29,800円で翌日から出社不要・過去退職できなかった事例無しと、確実さと速さのバランスが良いです!

辞めるだけでも・交渉もどちらもOK!

退職しないほうが良い会社の2つの特徴

下記のような会社はきちんと交渉すれば悩みが解決できる場合もあります。

退職しない方がいい会社の特徴
  • 社員に女性が多く、周りからの理解も得やすい会社
  • 会社の福利厚生が良く、働き方に融通が効く会社

上記に当てはまる会社は交渉すれば悩みが解決できる場合もあるため、勢いで辞めない方がいいです。

例えば、産休や育休などの制度利用したり、時短勤務を利用したりすることで、手当を貰いながら育児をすることができます。

時短勤務にしたら同僚の負担が増えないかしら。

それなら退職した方が迷惑がかからないかも。

かちょー
かちょー

時短勤務でもいてくれた方が助かるな。

新しく社員を育てるのは時間もお金もかかるからね。

会社はあなたが退職したら新しく人を雇う必要があるため、時短勤務でも働き続けてくれることを望みます

今は時短勤務が必要かもしれませんが、数年たてばフルタイムに復帰できるからです。

また、同僚に申し訳ない気持ちもあるかもしれませんが、お互いさまのため気にする必要はありません

同僚が同じ立場になったときにフォローしてあげてくださいね。

たいへー
たいへー

助け合いの精神は大事やな

退職後のイメージも大事!

漠然とした不安を抱えている人の中には、退職後の自分が想像できてないことが原因の人もいらっしゃるかと思います。

退職後のパターンをいくつかお伝えしますので、参考にしてください!

専業主婦・パート

家族との時間が何よりも大切。専業主婦に俺はなる!

家事・育児の時間がとれるのは専業主婦やパートになります。子どもが急に発熱しても比較的容易に時間を取ることができます。

家族のために温かいごはんを作る時間もありますし、仕事より家族のために動く方が好きという方にはおすすめかもしれません。

ただし、子どもが大きくなって手がかからなくなったら手持ちぶさたに感じる可能性があります。

そのときに自分がどうしたいのかを今から考えておくとよいかもしれませんね。空いた時間でスキルを取得して副業を始めてみるのはいかがでしょうか?

独立・起業

働く時間も何もかも自分で決めたい!

手に職を付けている方や、もっと自由に働きたいという方には独立や起業もおすすめします。

特にスキルがないという方も、これからスキルを身に着けていけば問題ありません^^

初めから大きなことをしようとするとうまくいかなかった時が大変なので、できることから小さく始めることをおすすめします。

独立する場合は、事業計画を作ってみましょう。

具体的に計画してみることで、今の仕事のモチベーションにつながる場合もあります。

同業種で独立予定の場合は「【同業種で独立したい】退職時に気をつける注意点3つ|競業避止義務も解説」の記事もチェックしてみてください。

転職

今の仕事はやめたいけど、会社員は辞めたくない

今よりも条件の良い会社に転職しましょう。今と同じ年収でよりあなたにあった会社が見つかるかもしれません。

一人で探せるか不安な方には転職エージェントがおすすめです。

利用料は無料で求人の紹介や面接対策などを行ってくれます。

ワーママに特化した転職エージェントもありますので、チェックしてみるのも良いでしょう。

下記のサービスでは、転職後の時短正社員・隙間時間を利用した相談なども行っています。

ワーママ向け転職エージェント

まとめ:会社が交渉に応じてくれないなら退職がおすすめ

本記事ではワーママが仕事を辞めるべきかどうかについて紹介しました。

以下に当てはまる会社に勤める人は退職を検討してみてください。

即退職をおすすめする会社の特徴
  • ブラック企業
  • 貰えるはずの退職金やボーナス、有休消化が貰えない
  • 過去に退職者や転職者とトラブルがある
  • そもそも交渉自体に取り合ってもらえない

退職する場合は

  • 家族と過ごす時間が増え、家庭に笑顔が増える
  • 育児に専念できるため、子どもの傍で見守れる

などのメリットがあります。

とはいえ、会社によっては交渉することで悩みが解決できる場合もあります

育児中の方は、育児が落ち着くまで時短勤務やパートとして働けないか相談してみるのも良いでしょう。

退職に関する手続きや交渉を代わりに行ってくれるので、余計な時間をつかわずに済みます。

人生一度きりなので後悔のないように自らの意思で選択していきましょうね!

たいへー
たいへー

仕事が全てではないからな。

夫婦でよく話し合って最善の選択をしような^^

すぐに退職したいという場合は、退職代行を活用しましょう。

 

とにかくおすすめの退職代行が知りたい!」という方は退職代行ガーディアンをおすすめします。

労働組合が運営しているサービスで、費用は一律29,800円

翌日から出社不要・過去退職できなかった事例無しと、確実さと速さのバランスが良いです!

 

もし会社ともめそうだなと思ったら弁護士の退職代行も検討しましょう。

【自分の希望を全部叶えたい人必見!】弁護士が行う退職代行がおすすめな人・使ってみた感想も」の記事をチェックしてみてください。

退職時のボーナス・有休消化・退職金は退職代行で希望通りにできるかも!
希望が通るかを確認
ボーナス・退職金・有休消化を請求
請求方法や条件を確認